エビス様  


 富岡八幡宮は 約800年前 建久2年(1191年)鎌倉幕府を開くにあたって  源頼朝公が摂津の難波の西宮より蛭子尊(ヒルコノミコト)・エビス様を勧請し  この村の守り神としたのが始めで 現在まで八幡様と一緒にお祀りされています
 エビス様は芦の舟に乗って 海路を開き 西宮の浜にたどり着いたという神話 から 海上安全 海の守り神として崇敬されて来ました
 江戸時代には 関西の商人はおもに 千石船により江戸との交易を盛んに行い 海上安全イコール商売繁昌の神様との信仰が盛んとなり 商売繁昌の福の神として崇敬されるようになりました

 エビス様の御霊験にあやかり 皆様方の御商売の繁昌 産業の繁栄を祈り  御参拝下さい

 商売繁昌・社業繁栄・海上安全などの御祈祷も承っております  
   
   えびすだるま
  お腹にえびす様がいらっしゃる縁起のいいだるま 
  (大・中・小の大きさがあります 社務所にて授与しております)
    えびす守
  (社務所にて授与しております)




  
  えびす様は七福神のなかに数えられています