アイコン由来
ライン
当宮はおよそ八百年前、建久二年(1191)に源頼朝公が当郷鎮護の為 摂津の西宮の恵比寿様をお祀りしたのが始めで後安貞元年(1227)には八幡大神を併せ祀り 社名も八幡宮と改めました

また八幡宮の山が 応長(1311)の大津波から部落を守った事から『波除八幡(なみよけはちまん)』とも称ばれ広く江戸方面からも信仰を集め深川富岡八幡宮へ御分霊された事は有名です 

祭礼は7月(旧暦6月15日)と9月(旧暦8月25日)のニ季がありいずれも祇園舟 湯立神楽など鎌倉時代より八百年以上も継承されている特殊神事があります。
もどる